初めての方へ

助成金とは?

皆さん助成金についてご存知ですか?最近、経営者の皆様からよくいただくご質問が「何百万円ももらえるのに本当に返さなくていいの?」です。

たしかに何百万円もの大金がもらえるなんて、「そんなおいしい話はない!」と思われる気持ちも分かります。でも、これはちゃんとした権利なのです。返済する必要はまったくありません。

では、そんな助成金の原資は何でしょうか?答えは「雇用保険料」です。実はこれまで助成金を受給したことがない(助成額0円)という中小事業者の方が圧倒的に多いわけですが、そのことが何を意味しているかといいますと、ズバリ、助成金を受給している他社のためにその原資である雇用保険料を拠出していた、ということになります。

そこで、今回このホームページを見に来ていただいたことを契機に他社のために助成金の原資を拠出するのはもうやめにして、「今度はあなたの会社が受給する側に回って、経営にもインパクトをもたらす想定外の“利益”を受け取りましょう。

助成金の受給は事業主にとって「当然の権利」です。しかも、助成金獲得にはデメリットもリスクもなし。あるのは助成金獲得後の“利益”だけ。ぜひあなたも返済不要の資金調達を実現されて、経営力強化にお役立てください。

助成金の3つのカテゴリー

厚生労働省の助成金は「①返済不要」「②現金」「③利益」がその大きなメリットです。

例えば、御社の利益率が30%だとすると、ここで考えてみて欲しいことがあります。 もし200万円の助成金が振り込まれたら、いくらの売上に相当するのか?ということです。これは実に700万円程度の売上に匹敵するといえます。厳しい競争環境の中、そう聞いて「なんだ、その程度か…」と思える方はそうそういないのではないでしょうか。

しかも、助成金の受給は、同時に御社の職場環境を整備することにもつながります。なぜなら、助成金制度の目的は「働く意欲のある人たちの安定雇用の実現」だからです。従って、それを実現するために「事業主」が「労働者(従業員)」に“良いこと”をすると助成金が受給できるわけです。

では、ここでいう“良いこと”とは何か?大きく分類すると3つのカテゴリーとなります。

(1) 雇用系

(2) 待遇改善系

(3) 能力向上系

これら3つのカテゴリーのなかで

● 「事業主が既に行っており、今後も行おうと思っていること(=良いこと)」

● 「まだ行っていないが、行おうと考えていること(=良いこと)」

があれば、助成金が受給しやすいといえます。

せっかく“良いこと”をしていても、それは事業主にとって「当たり前に感じていること」かもしれません。それで助成金を申請していないのであれば、非常にもったいない話です。

また、その“良いこと”は「いつかやろうと思っていること」かもしれません。そうであれば、助成金の獲得をきっかけに取り組むのもひとつの方法でしょう。なぜなら、決して少なくない金額が助成金という名目であなたの御社口座に「利益」として振り込まれるわけです。

“信頼できる専門家”を見分けるポイントとは?

助成金を申請するうえで大きなポイントとなるのは「信頼できる専門家を選べるのか?」ということです。

もちろん御社独自で申請することも可能ですが、専門家に依頼すると決めた場合のポイントは大きく2つのが挙げられます。

まず第一に「実績」です。実績こそが“信頼の証”といえます。誰だって、実験台にはなりたくないですよね。「私は今回がはじめての助成金申請でして…」なんて言われたら不安にもなるでしょう。

多岐に渡る助成金の中には、似たような受給要件でも受給額に大きな違いがあったり、申請の仕方によっては他と併給できる助成金もあるのですが、業務経験が浅く実績に乏しい専門家(社会保険労務士)ではそのポイントを見落としてしまいます。

これは実務経験が豊富な専門家には考えられない致命的なミスといえます。「最大受給額で助成金を獲得する」ためにも、ぜひ実績豊富な専門家に依頼してください。

第二に「料金体系」です。すべて“コミコミの料金”の完全成果報酬制を採用している専門家に依頼してください。助成金は受給できてはじめて中小企業にメリットをもたらします。しかし、中には助成金獲得の成功如何を問わず、「着手金」を請求したり、申請の過程で必要な事業計画書などの書類作成に対して「書類作成費」として別途請求するような専門家もいたりします。

そうなると、助成金を獲得することが逆に高くついてしまう・・なんて意味のない結果に終わってしまうことがあります。また、「着手金」や「書類作成費」などの追加費用を要求するのは、別の見方をすると、“自身の業務スキルに自信がない”と言えなくもないわけです。 なぜって、自身の業務スキルに絶対の自信を持っていれば、そうした追加費用を請求しなくても、すべて“コミコミの料金”の完全成果報酬制だけで勝負できると思うからです。

以上の2つのポイントを重視して専門家を選んでみてください。

当センターが選ばれる7つの理由
1

岡山・倉敷エリアを中心に、地域密着サポート

岡山・倉敷エリアに特化している専門家が対応させていただきますので、地域密着の強みを活かして、緊急事態やイレギュラーな出来事にも迅速に対応させていただきます!

2

JR瀬戸大橋線茶屋町駅から徒歩1分

3

安心の報酬体系!

当センターは、岡山・倉敷エリアで初回無料相談をさせていただいております。まずは、初回無料相談にて受給の可能性や、今後の進め方について詳しくお伝えをさせて頂きます。

4

岡山県内で助成金申請トップクラス!

実績で選ぶなら、岡山県で助成金申請トップクラスの実績を誇る当センターにご相談ください。助成金に強い社労士が申請をお手伝いします。

5

助成金専門社労士が、最適な助成金を提案!

当センターは、開設当初から助成金を重要視してサービスの重点を置いて運営しております。そのため、多くの助成金にも対応できるノウハウを有しています。

6

初回は無料個別相談実施中!

当センターでは、初回相談は完全に無料です。なぜなら、できるだけ多くの会社様に助成金を徹底的に活用していただきたいと思っているからです。

7

人事・労務に関する総合的なサポート体制の充実

助成金のサポートに留まらず、人事・労務に関する総合的なサポート(401kや評価制度などサービス充実)をさせて頂いております。