働き方改革関連法案を実現するために助成金活用を

働き方関連法案が、6月に成立しました。政府では、一億総活躍社会の実現を図るため働き方改革を推進しています。

 

労働力人口を増やす、将来の働き手を増やす、労働生産性を向上する、というものが趣旨になっています。

 

労働生産性を向上させることが働き方改革施策になっています。具体的には、長時間労働の是正、非正規と正社員の格差是正(同一労働同一賃金)などです。これらの中には、しっかり対応しないと罰則や罰金などのペナルティーが課せられるものもあります。

 

ペナルティーを受けないため、それ以上に労働生産性を向上していくために働き方改革への対応は必須となります。

 

ただこういった取り組みを行っていく場合には費用が掛かってきます。
就業規則の変更、勤怠管理システムの導入、テレワークの推進など、行いたくてもなかなか踏み出せない事業所様も多いのではないでしょうか。

 

当センターでは、中小企業様の働き方改革実現のために、助成金活用をお勧めしております。
実際に働き方改革を実現していきたい事業所様は是非当事務所へお問い合わせください。