設備投資・労働/職場環境改善で助成金を活用したい方

働き方改革時代、生産性を向上させていくためにも 高性能な機器の購入等、
設備投資をされたい経営者が増えてきています。
当事務所にも設備投資の経費が対象となる助成金はないかという問い合わせが多くございます。

設備投資に活用できる助成金を80種以上の助成金の中から抜粋し、ご紹介いたします。

①働き方改革推進支援助成金(勤務間インターバル導入コース)

この助成金は、勤務間インターバル制度を導入することを目的として、
外部専門家によるコンサルティング、労務管理用機器等の導入等を実施し、
改善の成果を上げた事業主に対して、その経費の一部を助成されるものです。
支給金額は、上限額×助成率で算出されます。

(1)助成率3/4(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30万円を超える場合は4/5を助成)
(2)上限額 インターバル時間数等に応じて、
   ①9時間以上11時間未満 80万円(一定要件の場合、最大320万円)
   ②11時間以上         100万円(一定要件の場合、最大340万円)

この助成金では、生産性向上を目的に導入する機器が助成対象です。
支給要件や対象の事業主の条件もございますので、詳細は下記をご確認ください。
支給要件等詳細はこちら

②働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)

この助成金は、生産性を向上させ、労働時間の縮減や年次有給休暇の促進に向けた
環境整備に取り組む中小企業事業主を支援するものです。
支給金額は、上限額×助成率で算出されます。

(1)助成率 3/4(事業規模30名以下かつ労働能率の増進に資する設備・機器等の経費が30万円を超える場合は4/5を助成)
(2)上限額 成果目標の達成状況に基づき、最大250万円 (一定要件の場合、最大490万円)

この助成金では、生産性向上を目的に導入する機器が助成対象です。
支給要件や対象の事業主の条件もございますので、詳細は下記をご確認ください。
支給要件等詳細はこちら

ご興味を持たれた方へ

助成金の申請には専門的知識を要するため、専門家に相談せずに申請すると、
時間がかかってしまったり、受給要件を満たせなかったり、
知らず知らずのうちに不正受給となってしまうという危険もございます。
また、助成金を進める大前提として、労働関連の法令を遵守していなければなりません。

岡山・倉敷助成金申請サポートセンターでは、専門家として、
貴社が助成金を受給できる可能性があるのか、
どのぐらいの額の助成金を受給できる可能性があるのか等の
無料診断や、経営者様等限定ではありますが無料相談を実施しております。

こちらの助成金に興味を持たれた方は、是非ご検討ください。